皮膚病の愛犬を治療する専門医|葬儀社に依頼しできるペット供養

犬

ペット火葬について

その日が来てしまったら

葬儀

家族の一員として可愛がっていたペットが亡くなるのは、大変辛いものです。 家族の癒しの存在として楽しませてくれた日々を思って、手厚く火葬するのがせめてもの慰めでしょう。 「その日」が来てしまったら、気をしっかりと持ってペットを見送ってあげましょう。 東京都内には、ペットの火葬や葬儀が可能な霊園が多くあります。 23区外だけではなく23区内にも存在し、東京近郊の自宅や病院へのお迎えも可能なところもあります。 セレモニーホールがあり、お通夜にも対応できたりと、要望に応じて選択が可能です。 葬儀・火葬・納骨までケアをしてもらえて、霊園の手配も可能なところが大半です。 また火葬用だけではなく、祭壇用にも生花の手配ができますので、たくさんの花で見送ってあげましょう。

粉骨とサイズ

東京などの都市部では、お墓に埋めるのではなく粉骨にすることも多くあります。 霊園は東京都内ではなく近郊にあることが多く、お墓参りに行きにくいためです。 粉骨にした場合は、骨壷に入れるので自宅での保管が可能です。 保管せずに自宅の庭などに埋めたいという場合でも、粉骨にしてあるため、土にも還りやすい状態です。 いつでもペットを感じていたい場合にお勧めです。 尚、火葬はペットのサイズで料金が決まります。 小型犬や猫、兎などは通常の範囲内ですが、20kgを超えるような大型犬などのペットは、業者によっては受付が難しいこともあります。 インターネットなどでは、ペット火葬場の比較ができるサイトもあり、大型ペットの受付についても記載してありますので、 まずはそちらから確認してみると良いでしょう。